| ホーム | ホームページ規定 | 会則・沿革 | 会の活動 | 刊行物 |入会のご案内 | お問合せ

 

ホーム

当ホームページについて

当会の会則と沿革

当会の活動について
  組織と役員構成
  総務
  発表会
 連絡誌
  見学会
 講座
   会誌
  HP運営

刊行物一覧

入会のご案内

 
 
『会誌』への投稿について
 
ダウンロード
New!紙版 考古かながわ
新たに公開頁を設けました!
  

 このサイトへのリンクは自由ですが、事後メール等でご一報ください。

随時入会を受け付けております。★
・ご希望の方はお近くの役員またはメールでお問い合わせください。
当会へのご入会をお考えの方はまずは
こちらをご覧ください。
・会誌『考古論叢 神奈河』の執筆申し込み
こちら から。
・県内外の考古学関連情報の発信にも努めてまいります。情報の提供にご協力ねがいます!

【最新のお知らせ】New!

 第41回 神奈川県遺跡調査・研究発表会を開催します

日時 2017年10月22日(日) 10:00〜16:40

入場無料 どなたでも参加できます

発表要旨はこちらのチラシをご覧ください

---------------------------------------------------------------------------------------------------

2017年度神奈川県考古学会総会報告

 2017年5月13日(土)に2017年度の神奈川県考古学会総会が開催されました。2016年度事業報告、2016年度収支決算報告、2017年度事業計画、2017年度収支予算について討議が行われ、全ての議案について承認されました(2016年度収支決算、2017年度収支予算についてはこちらの資料をご参照ください)。

 また、議事のあとには、かながわ考古学トピックス2017と題し、諏訪間順氏、エドワード・ウォルター氏から、それぞれご講演いただきました。 諏訪間氏からは「発掘された小田原城と天守閣の大改修」と題して、小田原城御用米曲輪で出土した石敷き庭園などの発掘調査成果や、平成28年に完了した大改修とリニューアルされた常設展示についてお話いただきました。ウォルター氏からは「平成における神武天皇ー神武天皇「聖蹟顕彰碑」の現状ー」と題して、皇紀2600年を記念して選定・建立された「神武天皇聖蹟顕彰碑」が、その後どういった扱いを受け現代に伝わっているのか、西日本18ヶ所の「聖蹟」に残る実例を写真を交えて紹介し、それぞれの土地で異なる扱いについてお話がありました。

 


 
 2017年度の活動報告 

・2017年5月13日 2017年度神奈川県考古学会総会/かながわ考古学トピックス

・2017年7月22日 第1回見学会





ページ先頭